トップ 銀行の口座凍結とは、銀行の相続とは

サイトマップ

スポンサーリンク
銀行の口座凍結と相続について
銀行口座凍結と、銀行の相続
口座凍結とは
口座凍結の方法
口座凍結の解除方法
銀行口座の凍結期間
銀行口座の相続と期限
遺産相続(いさんそうぞく)とは
銀行預金の相続の順位
銀行預金の相続の流れ
銀行の相続の必要書類
銀行預金の相続の必要書類
銀行の相続に必要な戸籍は?
銀行の相続の戸籍の集め方
銀行相続に通帳印鑑は必要?
銀行相続に必要な印鑑証明書
銀行預金に相続税はかかる?
銀行の相続にかかる時間
遺産分割協議書は銀行で必要
遺言書がある時の銀行の相続
定期預金の相続
貸金庫の相続は?
ゆうちょ銀行の口座の凍結
ゆうちょ銀行の相続手続き
ゆうちょ銀行の相続必要書類
ゆうちょ銀行の相続確認表とは
ゆうちょ銀行の現存照会とは
三菱東京UFJ銀行の相続手続
三井住友銀行の相続手続き
三井住友銀行の相続必要書類
みずほ銀行の相続手続き
JAバンク(農協)の相続手続き
銀行の相続で少額なら?
代表相続人(相続人代表)とは
残高証明書とは
遺産分割協議書の書き方
遺産分割協議書に必要な書類
遺産分割協議書の訂正方法
子供がいない時の相続順位
銀行の口座凍結解除手続き、相続関連についてのリンク集

銀行の相続にかかる時間
銀行の相続にかかる時間としましては、
どの銀行も同じくらいかかる部分と、
亡くなった人の相続関係によって、時間の長短のある部分があります。
銀行の相続で、どの銀行も同じくらいかかる部分の時間としては、
相続手続き書類が提出された後、
その書類の審査にかかる作業時間です。
この書類審査にかかる時間は、
だいたいどの銀行も同じで、約1週間~2週間はかかります。
つまり、相続手続き書類に不備・不足が無くても、
銀行の担当者が、書類に目を通して審査して、処理する時間として、
約1週間~2週間はかかるということです。
そして、書類審査でOKになれば、
代表相続人の銀行口座に、
亡くなった人の預貯金の全額が振り込まれる流れになっています。
この約1週間~2週間という時間は、
どの銀行でも同じようにかかる時間ですので、
相続手続き書類を提出したからと言って、
すぐに、相続人の口座に振り込まれるわけではないということです。
逆に、書類審査で、不備・不足が見つかれば、
それらをすべて補正・補足しなければ、
いつまでも手続きを済ませることはできないのです。
スポンサーリンク
銀行の相続でも、そのかかる時間に大きく差が出てくるのが、
相続手続き書類を提出するまでの作業時間です。
たとえば、亡くなった人の奥さんや子供さんが相続人の場合には、
相続手続きに必要な戸籍の謄本類を集める作業や、
手続き書類の作成にも、それほど時間のかかるものではないでしょう。
ただ、亡くなった人の戸籍の本籍が県外であったり、転籍の多い人であれば、
相続手続きに必要な戸籍の謄本類をすべて集めるだけでも、
数週間かかることもよくあることです。
そのため、銀行に相続手続き書類を提出するまでの時間としては、
早い方でも、だいたい2週間~1か月前後は見ておく必要があります。
もし、亡くなった人に子供さんがいない場合で、
亡くなった人の兄弟姉妹や甥姪の方が相続人の場合には、
さらに時間がかかる場合がほとんどです。
なぜなら、亡くなった人の兄弟姉妹や甥姪が相続人になる場合には、
相続手続きに必要な戸籍の謄本類として、
・ 亡くなった人の生まれてから亡くなるまでの戸籍の謄本類
・ 亡くなった人の両親のすべての戸籍の謄本類
・ 亡くなった人の兄弟姉妹の戸籍の謄本類
以上の戸籍の謄本類が必要になります。
そのため、上記のすべての戸籍の謄本類を集める作業については、
戸籍の取得に慣れている方でも、1か月前後~2ヶ月前後、
慣れていない方なら、3カ月以上かかることもあります。
なぜなら、戸籍の謄本類を集める作業を進めるためには、
取得した戸籍の謄本類の内容を、1つ1つ正確に読み取って、
次の戸籍の取得先の役所などを調べる作業も含まれるからです。
そして、その後、相続手続き書類の作成作業となれば、
全体的にかかる時間としては、
数か月に及ぶことになるわけです。
また、相続手続き書類が多ければ多いほど、
銀行に書類を提出してからの書類審査の時間も、
多少の影響を受けますが、それについては数日の差でしょう。
やはり、銀行の相続で、一番時間と労力のかかる作業は、
相続手続きに必要な戸籍の謄本類をすべて集める作業と言えます。
ただ、戸籍の謄本類がすべてそろっても、
亡くなった人の遺言書が無い限り、
法定相続人全員による遺産分割の協議をしなければなりません。
この遺産分割協議については、
すぐに話がまとまることもあれば、数年経ってもまとまらないこともあり、
銀行の相続にかかる時間の中でも、一番不透明な作業時間です。
ただ、相続手続きに必要な戸籍の謄本類がスムーズにそろい、
遺産分割の協議もすんなりまとまれば、早ければ、1か月前後、
手続き書類が多い場合には、3カ月前後といった時間がかかることが想定されます。
スポンサーリンク
このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。
銀行口座の相続と期限
銀行預金の相続の順位
銀行預金の相続の流れ
銀行預金に相続税はかかる?
遺産分割協議書は銀行で必要?
■ 銀行の口座凍結、銀行相続サイト メニュー 一覧 ■
銀行の口座凍結とは、銀行の相続とは
口座凍結とは
口座凍結の方法
口座凍結の解除方法
銀行口座の凍結期間
銀行口座の相続と期限
遺産相続(いさんそうぞく)とは
銀行預金の相続の順位
銀行預金の相続の流れ
銀行の相続の必要書類
銀行預金の相続の必要書類
銀行の相続に必要な戸籍とは?
銀行の相続の戸籍の集め方
銀行の相続に通帳・印鑑は必要?
銀行の相続に必要な印鑑証明書
銀行預金に相続税はかかる?
銀行の相続にかかる時間
遺産分割協議書は銀行で必要?
遺言書がある時の銀行の相続
定期預金の相続
貸金庫の相続は?
ゆうちょ銀行の口座の凍結
ゆうちょ銀行の相続手続き
ゆうちょ銀行の相続の必要書類
ゆうちょ銀行の相続確認表とは
ゆうちょ銀行の現存照会とは
三菱東京UFJ銀行の相続手続き
三井住友銀行の相続手続き
三井住友銀行の相続の必要書類
みずほ銀行の相続手続き
JAバンク(農協)の相続手続き
銀行の相続で少額なら?
代表相続人(相続人代表者)とは
残高証明書とは
遺産分割協議書の書き方
遺産分割協議書に必要な書類
遺産分割協議書の訂正方法
子供がいない時の相続順位
サイトマップ
◆ プライバシーポリシー
◆ 免責事項
銀行の口座凍結解除手続きや、相続関連についてのリンク集
Copyright (C) 2012-2016  銀行の口座凍結とは、銀行の相続とは ALL Rights Reserved