銀行に口座を持っている人が亡くなり、
銀行がそのことを知れば、
亡くなった人の銀行口座は凍結されます。

口座が凍結されれば、以後、
その口座での入出金はもちろんのこと、
引き落としについても一切出来なくなります。

そして、銀行口座の凍結期間としては、
亡くなった人の口座の相続手続きが、
済むまでです。

つまり、銀行口座の凍結期間は、
その銀行の相続手続きを、相続人が済ませるまで、
いつまででも続くということです。

ある一定の期間が過ぎれば、
口座の凍結が解除される、
というものではありません。

また、亡くなった人の銀行口座の凍結を解除するには、
どこかの銀行で1度手続きをすれば良いわけではなく、
銀行ごとに、相続手続きを済ませる必要があります。

たとえば、亡くなった人がゆうちょ銀行と、
JAバンク(農協)のそれぞれに口座を持っていれば、
亡くなったことを各銀行が知った時点で、それぞれの口座は凍結されます。

その後、ゆうちょ銀行と、
JAバンク(農協)の相続手続きを、
それぞれ済ませるまで、口座は凍結されたままになるのです。

スポンサーリンク



また、亡くなった人の銀行口座の凍結期間が、
あまりに長い期間続くと、
銀行によっては、支払いが難しくなることもありえます。

なぜなら、民法上、
債権(銀行に支払ってもらう権利)については、
時効が10年(ケースによっては5年)と決まっているからです。

時効というのは、10年~5年の間、銀行に対して、
亡くなった人の預貯金の支払いを請求しなければ、
債権が消滅しますので、相続人の請求に応じる必要がなくなるというものです。

ただ、一般的な債権の時効については上記の期間になりますが、
銀行の担当者が判断する内容になるため、
銀行によって、対応が違ってくる面があります。

たとえば、亡くなった人の銀行口座が凍結されてから、
10年以上の期間が経過していても、
相続手続きに応じる銀行もかなり多いようです。

しかし、時効などの心配事を事前に防ぐためには、
亡くなった人の銀行口座を、何年もそのままにすることなく、
速やかに相続手続きをした方が良いということです。

もし、亡くなった人の銀行口座の凍結をそのままにしておいても、
それによって何か損することはあっても、
得することはあまりないからです。

また、亡くなった人の銀行口座が凍結されている期間中は、
亡くなった人の相続人であっても、親族であっても、
1円も引き出すことはできません。

もし、葬式費用や、相続税の支払いがあれば、
亡くなった人の預貯金を相続するまで、
相続人が立て替えるしかない、ということもあります。

そのため、そういった費用が高額な場合は特に、
銀行の相続手続きについては、
ある程度早い段階で準備して、済ませておく方が良いのです。

また、銀行口座の凍結期間が長ければ長いほど、
相続人が亡くなってしまい、新たな相続人が増えて、
相続手続きがより複雑になってしまうこともあります。

スポンサーリンク


このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

口座凍結の解除方法

銀行口座の相続と期限

ゆうちょ銀行の口座の凍結

JAバンク(農協)の相続手続き