銀行預金の相続の順位としては、
まず、被相続人(亡くなった人)の配偶者と子供全員が、
第一順位の相続人になります。

配偶者とは、亡くなった人が夫であれば、妻のことであり、
亡くなった人が妻であれば、
夫が配偶者ということになります。

配偶者については、亡くなった時点で、
婚姻している相手のことを言いますので、
亡くなる前に、すでに離婚している人については、配偶者とは言えません。

もし、被相続人(亡くなった人)に配偶者がいなくても、
子供がいれば、子供全員が第一順位の相続人です。

ただ、亡くなった人の子供の内で、
すでに亡くなっている子供がいれば、
その子供の子供(孫)に相続権が移ることになります。

これを、専門用語的には、代襲相続と呼んでいます。
もし、孫も亡くなっていて、ひ孫がいるような場合には、
ひ孫に相続権が移るというわけです。

現実的には、ひ孫まで相続権が移っていくことは、
非常に稀なことですので、
第一順位の子供が亡くなっていれば、
その子供(孫)がいるかどうかに、気を付けておくと良いでしょう。

また、亡くなった人の子供が、養子であっても、
実子と同じように、
第一順位の相続人となります。

ただし、間違えやすいのが、
亡くなった人が再婚をしていて、
再婚相手に連れ子がいる場合です。

連れ子は、戸籍上、亡くなった人と養子縁組をしていない限り、
亡くなった人の第一順位の相続人ではありませんので、
亡くなった人の戸籍を見て、養子縁組の有無を確認する必要があります。

スポンサーリンク



次に、被相続人(亡くなった人)に子供や孫がいない場合には、
亡くなった人の両親、祖父母が、
第二順位の相続人になります。

ただし、亡くなった人の父親か、
母親のどちらかが生存していれば、
亡くなった人の祖父母は、相続人にはなりません。

亡くなった人の祖父母が相続人になるのは、
亡くなった人の両親が、
共にすでに亡くなっている場合のみということです。

次に、被相続人(亡くなった人)に子供や孫がいなくて、
両親や祖父母も、すでに亡くなっている場合に、
亡くなった人の兄弟姉妹が第三順位の相続人になります。

ただし、亡くなった人に子供が1人でもいたり、
両親や祖父母の誰か1人でも生きていれば、
兄弟姉妹は相続人にはなりませんので、注意が必要です。

間違えないためには、亡くなった人のすべての戸籍の謄本類と、
両親や祖父母の戸籍の謄本類を取得して、
隅々まで読んでから、正確な判断をする他ありません。

また、銀行の相続では、それらの戸籍の謄本類を、
すべて銀行に提出する必要があり、
銀行もそれらの戸籍の内容を確認してきます。

もし、戸籍の謄本類の内容を読み間違えていたり、
読み抜かっていれば、
相続の順位自体が、大きく違ってくることもあります。

銀行の書類提出後に、間違いや見抜かりが発見されれば、
場合によっては、それまで進めてきた相続人同士の話し合いや、
相続手続き書類のすべてを、やり直さなければならないこともあるのです。

なお、亡くなった人の兄弟姉妹の内で、
すでに亡くなっている兄弟姉妹がいれば、
その子供(甥姪にあたる人)に、相続権が移ります。

つまり、第三順位の相続人としては、
亡くなった人の兄弟姉妹だけの場合と、
亡くなった人の甥姪まで、範囲が広がる場合があるということです。

スポンサーリンク


このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

銀行預金の相続の流れ

銀行の相続の必要書類

銀行預金の相続の必要書類

銀行の相続に必要な戸籍とは?

銀行の相続にかかる時間