遺産相続(いさんそうぞく)とは、亡くなった人が残した銀行預金や、
株式などの有価証券、土地・建物・マンションなどの不動産などを、
相続人が受け取ることを言います。

まず、遺産とは、亡くなった人が残した全ての財産のことを言います。
ただ、全ての財産には、銀行預金などのプラスの財産もあれば、
住宅ローンや借金などのマイナスの財産も含まれます。

そして、それらの財産を、亡くなった人の相続人が、
そのまま引き継ぐことを、相続する、と言うのです。

また、亡くなった人の財産を相続する、相続しないについては、
相続人が自由に決めることができるものです。

亡くなった人の財産をそのまま引き継ぎたい場合には、
遺産の相続手続きを行い、引き継ぎたくない場合には、
相続放棄の手続きを行うことになります。

なお、遺産の相続手続きには、銀行の相続手続きや、
株の相続手続き、不動産の相続手続き(名義変更)、
ゴルフ会員権の相続手続きなど多種多様です。

たとえば、銀行の相続手続きでは、
銀行に口座を持っている人が亡くなったことを銀行が知れば、
その口座は凍結(とうけつ)されます。

そして、凍結された銀行口座の預貯金を受け取るためには、
凍結解除の手続き、つまり、銀行の相続手続きを、
相続人が行う必要があるのです。

銀行の口座凍結を解除して、
その口座にある預貯金を相続人が受け取ることも、
遺産相続と言うのです。

スポンサーリンク



また、亡くなった人が残した財産については、
それを相続人が受け取る前は、遺産と呼びますが、
相続人が受け取った後は、相続財産と呼んで区別しています。

相続自体は、亡くなった時点で自動的に起きるもので、
亡くなった人の遺産については、相続手続きが終わるまでは、
相続人全員の共有物となります。

つまり、亡くなった人が残した遺産は、
亡くなった時点で、自動的に、
相続人全員に権利が移っているということです。

そして、各相続人がどの遺産を相続するのかの話し合いの後、
相続手続きを行うことで、
それぞれの相続人の所有物になるわけです。

もう少しわかりやすく言えば、亡くなった人の遺産はすべて、
亡くなった時点で、自動的に、相続人全員のものになるのですが、
あとは、遺産の相続手続きを残すのみという状態になります。

なお、遺産の相続手続きには、期限はありませんが、
あまり長い間、遺産の相続手続きを放っておくと、
相続人が亡くなれば、さらなる相続が生まれ複雑になるデメリットがあります。

さらなる相続が生まれて複雑になると、
遺産の相続手続きに必要な戸籍の謄本類の数も多くなり、
手続き自体も難しくなるだけです。

そのため、亡くなった人の銀行預金の相続手続きや、
株式の相続手続き、不動産の相続手続きなどは、
できるだけ早めに済ませた方が、相続人にとってメリットが多いのです。

ちなみに、相続放棄の手続きを、
家庭裁判所でする場合には、
亡くなってから3カ月以内という期限があります。

そのため、亡くなった人の遺産の内、
借金などのマイナスの遺産の方が多い場合には、
期限内に手続きを行う必要があります。

スポンサーリンク