亡くなった人に、配偶者はいるけど、
子供がいないといったことも、
最近ではよくあることです。

亡くなった人の相続人に、配偶者と子供がなるということは、
なんとなく知られていることですが、亡くなった人に子供がいない時に、
相続順位がどうなるのかは、正確に知っている人は少ないかもしれません。

実は、亡くなった人に子供がいない時の相続順位は、
まず、亡くなった人の両親が、相続人になるのです。

もし、片親がすでに亡くなっていたとしても、
もう片方の親が生きていれば、
その片方の親が単独で相続人になります。

たとえば、父親はすでに亡くなっているけど、
母親は生きている場合には、
母親だけが、相続人になるということです。

次に、亡くなった人の両親も、すでに亡くなっている時には、
亡くなった人の祖父母が、相続人になります。

そして、祖父母の場合にも、祖父がすでに亡くなっていても、
祖母が生きていれば、
祖母だけが、単独で相続人となります。

つまり、子供がいない時の相続順位としては、
まず、亡くなった人の両親、
次に、亡くなった人の祖父母、ということになるのです。

スポンサーリンク


では、亡くなった人の母親と、
亡くなった人の祖母が共に生きている場合、
相続順位はどうなるでしょうか?

その場合には、亡くなった人の母親だけが相続人となります。

つまり、亡くなった人の尊属(直系で上位の人)の相続順位は、
第一順位が両親、第二順位が祖父母、
第三順位が曾祖父母(ひいそふぼ)、ということになるわけです。

亡くなった人の両親が生きていれば、
たとえ、亡くなった人の祖父母が生きていたとしても、
祖父母は、相続人にはならないということです。

では、亡くなった人の両親も、祖父母も、曾祖父母も、
全員すでに亡くなっている場合、
次の相続人は誰になると思いますか?

答えは、亡くなった人の兄弟姉妹です。

亡くなった人の兄弟姉妹であれば、
異父兄弟(いふきょうだい)や、異母兄弟(いぼきょうだい)であっても、
亡くなった人の相続人になります。

ただ、異父兄弟や異母兄弟が相続人になる場合には、
両親共に同じ兄弟姉妹に比べて、
法定相続持分が、半分になるというのが通例です。

しかし、この異父母の兄弟姉妹の法定相続持分については、
近年、いろいろな問題がからんでいますので、
あくまで参考程度で考える持分となります。

では、亡くなった人の兄弟姉妹の内で、
すでに亡くなっている兄弟姉妹がいる場合には、
どうなると思いますか?

その時は、すでに亡くなっている兄弟姉妹に、
子供がいるのかどうかが重要になります。

もし、子供がいれば、すでに亡くなっている兄弟姉妹の代わりに、
その子供(亡くなった人から見て甥姪にあたる人)が、
次の相続順位になるからです。

逆に、すでに亡くなっている兄弟姉妹に子供がいなければ、
相続権の移動が止まります。

つまり、亡くなった人の横のつながりの相続順位としては、
第一順位が兄弟姉妹、
第二順位が甥姪、ということになるのです。

そして、相続順位としては、甥姪までとなっていますので、
甥や姪もすでに亡くなっていたとしても、数次相続の場合を除いて、
さらにその子供(大甥や大姪)は、相続人にはなりません。

いずれにしましても、相続人になるかどうかは、
相続関係者の戸籍類から判断することになるため、
もし、相続に必要な戸籍類や、相続人の確定でお困りの方は、
簡単な解決方法はこちら ⇒ 銀行の相続手続きに必要な戸籍で困っていませんか?

スポンサーリンク


スポンサーリンク