この記事の監修者
行政書士 寺岡孝幸の顔写真

行政書士:寺岡 孝幸(てらおか たかゆき)
資格:行政書士、土地家屋調査士。
主な取扱い専門分野:銀行預金などの遺産相続手続き全般。

経歴:開業以来16年間、相続手続きの代行業務を全国対応で行ってます。
行政書士のプロフィールはこちら

JAバンク(農協)の相続に必要な戸籍は、
亡くなった人の子供が相続人になる場合と、
兄弟姉妹が相続人になる場合とで大きな違いがあります。

まず、亡くなった人の子供が相続人になる場合には、
「被相続人の戸籍謄本」と、
「相続人の戸籍謄本」が必要と案内されます。

被相続人とは、亡くなった人のことで、
「被相続人の戸籍謄本」とは、
亡くなった人のすべての戸籍の謄本類という意味です。

JAバンク(農協)の相続の案内文書にも、
「被相続人の戸籍謄本」と書かれていますが、
戸籍謄本1通という意味ではありません。

具体的には、亡くなった人の生まれてから、
亡くなるまでの連続した戸籍の謄本類が必要、
という意味なのです。

連続した戸籍の謄本類には、
戸籍謄本だけでなく、
原戸籍や除籍謄本も含まれます。

そして、亡くなった人の原戸籍や除籍謄本については、
いくつも必要になりますが、
通常、亡くなった年齢が高いほど、その数も多くなります。

なぜなら、原戸籍や除籍謄本は、
亡くなった人の過去の戸籍になるため、
年齢が高い程、その数が多くなる傾向があるわけです。

いずれにしても、亡くなった人の生まれてから、
亡くなるまでの連続した戸籍の謄本類と、
相続人全員の戸籍が、最低限必要になるということです。

スポンサーリンク

具体的に、戸籍の謄本類は何通くらいになるかと言えば、
亡くなった人の過去の転籍状況や、
転勤や離婚再婚の有無によってその数に違いがあります。

亡くなった人が過去に戸籍を何度も移している人なら、
亡くなった人の戸籍の謄本類だけで、
10通~20通の取得が必要な人もいます。

ただ、この10通~20通というのは、
同じ戸籍が10通~20通も必要、
ということではありません。

亡くなった人の生まれてから亡くなるまでの、
連続した戸籍の謄本類を1つ1つ取ってみると、
結果的に10種類~20種類になることもある、ということです。

そして、戸籍の謄本類は、
それぞれの戸籍の本籍地の役所でしか、
取れない書面になります。

そのため、亡くなった人の過去の戸籍の本籍地が、
市外や県外など、あちこち点在していれば、
1つ1つ取得していく作業が必要になるわけです。

もし、市外や県外の役所に、
直接行くことが難しい場合には、
郵送で取り寄せることも可能です。

しかし、郵送で戸籍の謄本類を取り寄せるには、
役所の窓口で直接取得するよりも、
手続きが少し複雑になります。

まず、役所の窓口で、戸籍の謄本類を直接取得する場合には、

・戸籍謄本類の請求書

・相続関係のわかる戸籍の謄本類の写し

・発行手数料(現金払い)

・身分証明書

以上の4点があれば取得できます。

しかし、郵送で戸籍の謄本類を取り寄せるには、

・戸籍謄本類の請求書

・相続関係のわかる戸籍の謄本類の写し

・発行手数料分の定額小為替(現金不可)

・身分証明書の写し

・切手貼り付け済みの返送用封筒

以上の5点を、役所に郵送しなければならないからです。

スポンサーリンク