相続税の申告は自分でできるかと言えば、
自分で相続税の申告をしたという方もいますので、
できないことは無いと言えます。

ただ、相続税の申告については、
税理士に依頼する人も多いです。

しかし、相続税の申告を、税理士に依頼する場合、
申告書作成と、税務署への申告だけの作業でも、
30万円前後という高額な費用がかかるのが一般的です。

さらに、相続税の申告について、
必要な添付書類も含めてすべてを税理士に依頼すると、
50万円前後以上の高額費用が必要になってきます。

そのため、ご自分で相続税の申告を行おうとする人や、
できる部分は自分でしてみようとする人もいるわけです。

ただ、何も参考にしないまま、
相続税の申告を自分で行うのは無理がありますので、
実際に、相続税の申告を自分でされた方が参考にしている書籍をご紹介します。

まず1つ目は、相続税の申告の書籍の中でも、
実際の申告書類の作成に最適な
ど素人ができる相続&贈与の申告 必要な手続きが全部分かる! [ チェスター ]
という書籍です。

もし、売り切れの場合や値段を比較したい場合には、
同じ書籍となりますので、『 ど素人ができる相続&贈与の申告 』をご確認ください。

いずれもレビューを見るとわかりますが、
実際に相続税の申告をご自分でなさった方や、ご使用いただいた方の評価も、
非常に高い評価になっています。

レビューの中には、この書籍を見ながら、
相続税の計算や、申告書類を作成し、
実際に相続税の申告を行った方もいらっしゃいます。

相続税の計算を自分でしたり、
必要な書類を自分で作成してみたいという方には最適です。

2つ目は、上記の書籍と一緒に利用している人が多い、
図解・表解相続税申告書の記載チェックポイント第2版 プロの視点で最終チェック [ 天池健治 ]
という書籍です。

もし、売り切れの場合や値段を比較したい場合には、
同じ書籍となりますので、
図解・表解 相続税申告書の記載チェックポイント(第2版) 』をご確認ください。

この書籍は、税理士の視点で、
相続税の申告書類の最終チェックができる点で、
利用価値があります。

3つ目は、相続税の軽減措置についても詳しく書かれている、
軽減措置を使えば相続税がかからない「相続税申告書」の書き方 [ サポートリンク ]
という書籍です。

もし、売り切れの場合や値段を比較したい場合には、
同じ書籍となりますので、
軽減措置を使えば税金がかからない「相続税申告書」の書き方 』をご確認ください。

相続税の税金を少しでも減らせればとお考えの方にとっては、
一度は見ておくべき書籍でしょう。

相続税の申告に役立つ本のピックアップ一覧


ど素人ができる相続&贈与の申告 必要な手続きが全部分かる! [ チェスター ]


図解・表解 相続税申告書の記載チェックポイント(第2版)


軽減措置を使えば相続税がかからない「相続税申告書」の書き方 [ サポートリンク ]


事例でガッテン! 相続税(発行:創知株式会社)


自分でできる相続税申告 [ 福田真弓 ]


相続税の申告と書面添付 安心の相続を実現するために [ TKC全国会 ]