トップ 銀行の口座凍結とは、銀行の相続とは

サイトマップ

スポンサーリンク
銀行の口座凍結と相続について
銀行口座凍結と、銀行の相続
口座凍結とは
口座凍結の方法
口座凍結の解除方法
銀行口座の凍結期間
銀行口座の相続と期限
遺産相続(いさんそうぞく)とは
銀行預金の相続の順位
銀行預金の相続の流れ
銀行の相続の必要書類
銀行預金の相続の必要書類
銀行の相続に必要な戸籍は?
銀行の相続の戸籍の集め方
銀行相続に通帳印鑑は必要?
銀行相続に必要な印鑑証明書
銀行預金に相続税はかかる?
銀行の相続にかかる時間
遺産分割協議書は銀行で必要
遺言書がある時の銀行の相続
定期預金の相続
貸金庫の相続は?
ゆうちょ銀行の口座の凍結
ゆうちょ銀行の相続手続き
ゆうちょ銀行の相続必要書類
ゆうちょ銀行の相続確認表とは
ゆうちょ銀行の現存照会とは
三菱東京UFJ銀行の相続手続
三井住友銀行の相続手続き
三井住友銀行の相続必要書類
みずほ銀行の相続手続き
JAバンク(農協)の相続手続き
銀行の相続で少額なら?
代表相続人(相続人代表)とは
残高証明書とは
遺産分割協議書の書き方
遺産分割協議書に必要な書類
遺産分割協議書の訂正方法
子供がいない時の相続順位
銀行の口座凍結解除手続き、相続関連についてのリンク集

ゆうちょ銀行の口座の凍結
ゆうちょ銀行に口座を持っている人が亡くなり、
亡くなった人の相続人が、そのことを、
ゆうちょ銀行の窓口担当者に伝えた時点で、亡くなった人の口座は凍結されます。
伝える窓口としては、ゆうちょ銀行の窓口でしたら、
どこの郵便局でもかまいません。
ただ、ゆうちょ銀行の窓口では、亡くなったことの事実確認のために、
亡くなった人の住所・氏名、生年月日、そして、亡くなった年月日や、
口座番号などについて、何点か質問されることになります。
それらの質問に対して正確に答えることができれば、
窓口担当者の判断によって、その時点で、
亡くなった人の名義のゆうちょ銀行口座が、すべて凍結されるのです。
口座が凍結されれば、
その口座の普通貯金や定期預金の出金はもちろんのこと、
入金すらできなくなります。
以後、凍結された口座を解除するためには、
相続手続き書類を作成して、
ゆうちょ銀行の窓口に提出しなければなりません。
そして、相続手続き書類が提出された後、
その書類は、郵便局から、ゆうちょ銀行の貯金事務センターに郵送され、
そのセンターで書類が審査されます。
その書類審査を無事に通過することができれば、
晴れて、口座凍結が解除され、
代表相続人の銀行口座に、亡くなった人の貯金の全額が振り込まれるのです。
スポンサーリンク
ゆうちょ銀行の口座を凍結するには、
まず、近くの郵便局のゆうちょ銀行窓口に行って、
口座名義人が亡くなったことを伝えることが、はじめの一歩です。
その時に、相続確認表という3枚~5枚つづりの用紙をもらい、
その内3枚の用紙に、その場で必要事項を記入するか、
持ち帰って記入して、後日、ゆうちょ銀行窓口に提出します。
相続確認表3枚の提出先は、
相続確認表の用紙をもらった郵便局でなくても、
どこの郵便局のゆうちょ銀行窓口でも良いです。
また、相続確認表の提出時には、
相続に必要な戸籍の謄本類や、遺産分割協議書、
印鑑証明書などは、必要ありません。
そして、相続確認表をゆうちょ銀行に提出した後、
約1週間~2週間で、「必要書類のご案内」という書類が、
ゆうちょ銀行の貯金事務センターから郵送で送られてきます。
そのご案内に従って、
相続に必要な戸籍の謄本類の収集や、
遺産分割協議書の作成などを行います。
ただ、もし、亡くなった人の遺言書があれば、
ゆうちょ銀行の窓口で、最初の相続確認表をもらう前に、
家庭裁判所で遺言書の検認を受けておくと良いでしょう。
なぜなら、遺言書の検認では、
検認の手続きが完了するまでに、
約1か月~2ヶ月の日数がかかるからです。
また、相続に必要な戸籍の謄本類の収集作業についても、
遺言書の検認の前に済ませておく必要があります。
なぜなら、遺言書の検認を受けるためには、
家庭裁判所に提出する書類として、
相続に必要な戸籍の謄本類が必要になるからです。
もし、亡くなった人の遺言書が無い場合でも、
ゆうちょ銀行の窓口で、相続確認表をもらう前に、
相続に必要な戸籍の謄本類を集めておくと良いでしょう。
なぜなら、ゆうちょ銀行からの「必要書類のご案内」を見なくても、
相続に必要な戸籍の謄本類というのは、
亡くなった人と相続人の関係によって、
必要な戸籍の範囲が決まっているからです。
いずれにしましても、ゆうちょ銀行からの「必要書類のご案内」に従って、
・ 貯金等相続手続請求書という用紙、
・ 相続に必要な戸籍の謄本類、
・ 法定相続人全員の印鑑証明書(発行後6か月以内)、
・ 代表相続人の身分証明書、

もしあれば、検認済みの遺言書か、遺産分割協議書などと一緒に、
相続確認表を提出したゆうちょ銀行の窓口に提出します。
その後、ゆうちょ銀行の貯金事務センターで書類審査が行われ、
不備・不足が無ければ、亡くなった人の口座凍結が解除されて、
代表相続人のゆうちょ銀行口座に、貯金の全額が振り込まれるのです。
スポンサーリンク
このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。
ゆうちょ銀行の相続手続き
ゆうちょ銀行の相続の必要書類
ゆうちょ銀行の相続確認表とは
ゆうちょ銀行の現存照会とは
■ 銀行の口座凍結、銀行相続サイト メニュー 一覧 ■
銀行の口座凍結とは、銀行の相続とは
口座凍結とは
口座凍結の方法
口座凍結の解除方法
銀行口座の凍結期間
銀行口座の相続と期限
遺産相続(いさんそうぞく)とは
銀行預金の相続の順位
銀行預金の相続の流れ
銀行の相続の必要書類
銀行預金の相続の必要書類
銀行の相続に必要な戸籍とは?
銀行の相続の戸籍の集め方
銀行の相続に通帳・印鑑は必要?
銀行の相続に必要な印鑑証明書
銀行預金に相続税はかかる?
銀行の相続にかかる時間
遺産分割協議書は銀行で必要?
遺言書がある時の銀行の相続
定期預金の相続
貸金庫の相続は?
ゆうちょ銀行の口座の凍結
ゆうちょ銀行の相続手続き
ゆうちょ銀行の相続の必要書類
ゆうちょ銀行の相続確認表とは
ゆうちょ銀行の現存照会とは
三菱東京UFJ銀行の相続手続き
三井住友銀行の相続手続き
三井住友銀行の相続の必要書類
みずほ銀行の相続手続き
JAバンク(農協)の相続手続き
銀行の相続で少額なら?
代表相続人(相続人代表者)とは
残高証明書とは
遺産分割協議書の書き方
遺産分割協議書に必要な書類
遺産分割協議書の訂正方法
子供がいない時の相続順位
サイトマップ
◆ プライバシーポリシー
◆ 免責事項
銀行の口座凍結解除手続きや、相続関連についてのリンク集
Copyright (C) 2012-2016  銀行の口座凍結とは、銀行の相続とは ALL Rights Reserved