亡くなった人の銀行預金が、少額の場合、
銀行によっては、相続手続き自体が、
通常の相続手続きよりも、かなり簡易的になることがあります。

通常の相続手続きでは、相続人全員の署名と実印が必要ですが、
亡くなった人の預金が少額の場合には、
代表相続人1人の署名と実印で済ませることが可能です。

ただ、どこの銀行でも、亡くなった人の預金が少額なら、
相続手続きが簡易的になるというわけではなく、
少額なら、簡易的な手続きになる銀行もあるということです。

また、少額の判断が、
銀行によっても違ってきますので、
いくら以下なら少額と言えるといった統一的な基準はありません。

しかし、亡くなった人の預金が、
約50万円~100万円以下なら、
少額と判断されることが多いようです。

つまり、ある銀行では、亡くなった人の預貯金が50万円程度なら、
少額とみなして、簡易的な相続手続きとなり、
別の銀行では、100万円以下なら少額とみなすことがあるということです。

なお、亡くなった人の通帳の額面だけを見て判断するのは、
あまり良くありません。

なぜなら、記帳が抜かっていたり、
亡くなる直前に入金していたり、
把握しきれていない定期預金があったりするからです。

そのため、少額の自己判断はせずに、
まずは銀行で、正確な預金額の確認と、
少額になるかどうかの確認が必要になります。

スポンサーリンク


もし、銀行で、相続預金が少額と判断されれば、
銀行が指定する用紙(相続届、又は相続手続き依頼書など)には、
代表相続人1人だけの署名・押印と、印鑑証明書だけでよくなります。

つまり、通常の銀行の相続手続きでは、銀行が指定する用紙に、
相続人全員の署名・押印と、印鑑証明書が必要になるのですが、
少額と判断された場合には、そこまで要求されることが無いということです。

ちなみに、ゆうちょ銀行では、亡くなった人の預貯金が、
100万円以下であれば、少額と判断され、
代表相続人1人だけで、相続手続きを進めることができます。

ただ、亡くなった人の預貯金が100万円以下の場合であっても、
他に必要な書類が発生したり、
少額の相続手続きには該当しないと判断されることもあります。

つまり、銀行の相続で少額と判断されるかどうかについては、
亡くなった事実を銀行に伝えて、銀行がその人の口座を確認してから、
銀行が判断するものと言えるのです。

また、少額と判断された場合であっても、
亡くなった人の相続人であることを証明できる戸籍の謄本類については、
銀行に提出しなければなりません。

戸籍の謄本類が無ければ、
その人が本当に亡くなった人の相続人の1人なのかが、
銀行にとってはわからないからです。

そのため、少額と判断された場合の相続手続き書類としては、

銀行が指定する用紙(相続届、又は、相続手続き依頼書など)

亡くなった人の相続人であることを証明できる戸籍の謄本類

代表相続人の印鑑証明書

代表相続人の実印

代表相続人の身分証明書(運転免許証や健康保険証など)

以上の書類が必要になります。

そして、銀行で書類審査の結果、
不備・不足が無いと判断されれば、
代表相続人の銀行口座に、預金の全額が振り込まれる流れになります。

ただ、亡くなった人の預金が、数百円や、
数千円という非常に少額の場合には、
相続手続きではなく、通常の口座解約で済ませている銀行もあるようです。

もし、亡くなった人の戸籍や相続人の戸籍でお困りの方は、
簡単な解決方法はこちら ⇒ 銀行の相続手続きに必要な戸籍で困っていませんか?

スポンサーリンク


スポンサーリンク