JAバンク(農協)の相続手続きは、
他の銀行の相続手続きとは、大きく異なる点が、
2点あります。

1点目は、他の銀行の相続手続きでは、
銀行指定の手続き用紙は、1枚程度なのですが、
JAバンク(農協)では、4、5枚と多いことです。

ただ、他の銀行では、1枚の用紙におさめている内容を、
JAバンク(農協)では、
数枚に分けているというイメージもあります。

2点目は、他の銀行の相続手続きでは見かけないのですが、
JAバンク(農協)では、
出資金の相続手続きというものがあります。

JAバンク(農協)で銀行口座を作る時には、
ほとんどの人が出資金を出していて、
多い人だと、数百万円の出資をしている人もいるようです。

その出資金の相続手続きについても、
JAバンク(農協)の銀行預金の相続手続きとは別に、
且つ、同時にしなければならない点です。

そして、この出資金の相続手続きのための書類も、
4、5枚程度はあり、
JAバンク(農協)の銀行預金の相続手続き書類と同時に提出する必要があります。

つまり、JAバンク(農協)の銀行預金の相続と、
出資金の相続を、
切り離して手続きすることはできないということです。

スポンサーリンク


また、出資金の相続については、
たとえ相続手続きが完了したとしても、
すぐに、相続人の銀行口座に、出資金が振り込まれるわけではありません。

出資金については、銀行預金とは異なり、
半年に一回の総会にかけて、
その総会を経ることによって、出資金の相続手続きが完了することになります。

そのため、JAバンク(農協)の相続手続きを行う時期によっては、
亡くなった人の出資金については、
約半年後に、相続人の銀行口座に振り込まれる、といったこともありえるのです。

ただ、JAバンク(農協)にある亡くなった人の銀行預貯金については、
半年に一度の総会など関係なく、
相続手続き完了時に、相続人の銀行口座に振り込まれます。

つまり、JAバンク(農協)の相続手続き完了時の支払いは、
普通預金や定期預金の解約時の支払いと、
出資金の解約時の支払いの2回になるということです。

いずれにしましても、JAバンク(農協)の相続手続きを進めるためには、
まずは、亡くなった人の口座のある支店に、
亡くなった事実を伝える必要があります。

亡くなった事実を伝える方法としては、
JAバンクの各支店に出向いて知らせる方法と、
電話で伝える方法があります。

その際、亡くなった人の住所、氏名、生年月日、
口座番号などを、支店担当者に聞かれますので、
それに答えることができれば、亡くなった人の口座が凍結されます。

その時に、JAバンク(農協)が用意している手続き用紙をもらい、
相続手続きに必要な戸籍の謄本類や、遺産分割協議書を作成して、
代表相続人から、JAバンク(農協)の支店に提出する流れになるのです。

なお、JAバンク(農協)が用意している手続き用紙については、
他の銀行と比べて、用紙の枚数が多いですが、
支店が遠方で行けない場合には、郵送でも送ってもらえます。

ちなみに、JAバンク(農協)では、メガバンクのように、
相続センターといった部署がまだないので、
相続手続きについては、各支店で行われることになっています。

スポンサーリンク


このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

JAバンク(農協)の相続の流れ

JAバンク(農協)の相続の必要書類

JAバンク(農協)の相続に必要な戸籍

出資金のあるJAバンク(農協)の相続

ゆうちょ銀行・JAバンクなど銀行の相続手続きに困っていませんか?

銀行の口座凍結とは

口座凍結の解除方法

銀行口座の相続と期限

銀行預金の相続の流れ

銀行の相続の必要書類

銀行の相続に必要な戸籍とは?

銀行の相続手続きに必要な戸籍で困っていませんか?

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書は銀行で必要?

遺産分割協議書の作成に困っていませんか?

定期預金の相続

スポンサーリンク