亡くなった人のゆうちょ銀行口座に、
少額の貯金しかない場合、
通常の手続きとは違った簡易的な手続きが可能です。

ゆうちょ銀行では、
亡くなった人の貯金額が、
100万円以下を少額扱いとしています。

ただし、通常貯金と定期貯金など、
亡くなった人の口座にある貯金額が、
100万円以下であることが必要です。

逆に言えば、
亡くなった人のゆうちょ銀行にある貯金額が、
100万円を超えていれば、少額とは言えません。

そのため、100万円を1円でも超えていれば、
通常の相続手続きが必要になります。

もし、ゆうちょ銀行やJAバンクなど銀行の相続手続きでお困りの方は、
簡単な解決方法はこちら ⇒ ゆうちょ銀行・JAバンクなど銀行の相続手続きに困っていませんか?

では、ゆうちょ銀行で、
少額と判断された場合、
どういった相続手続きの流れになるのかについてです。

まず、亡くなった人の貯金が、
100万円以下と考えられる場合には、
ゆうちょ銀行窓口のある郵便局に行きます。

そして、郵便局の局員が、
亡くなった人の口座の正確な残高を調べますので、
少額かどうかの判断は、窓口局員に任せます。

スポンサーリンク


また、亡くなった人のゆうちょ口座の貯金が少額の場合、
相続手続きの流れとしては、
大きく分けて2通りあります。

1つは、相続確認表という3枚つづりの用紙に、
代表相続人1人が、
すべてを記入して手続きが終わる流れです。

もう1つは、相続確認表に記入した上で、
郵便局の貯金事務センターに、
手続き書類が送られる流れです。

いずれの場合でも、
郵便局の窓口局員の指示に従がって手続きを進めます。

なぜなら、亡くなった人の口座の状況によって、
細かく流れが決まっているため、
その時の局員の判断に従うしかないからです。

ちなみに、郵便局の貯金事務センターに、
手続き書類が送られる場合には、
Aー5(支払請求書)の用紙も必要になります。

ただ、Aー5(支払請求書)の用紙には、
代表相続人がすべて記入できますので、
他の相続人の署名などは必要ありません。

また、最初に記入が必要になる相続確認表も、
代表相続人がすべて記入できるものです。

そのため、亡くなった人のゆうちょ口座の金額が、
100万円以下の場合には、
代表相続人1人で手続きが完了できるということです。

つまり、他の相続人の署名や実印の押印無しで、
亡くなった人の貯金の全額を、
引き出すことが可能ということになります。

また、他の相続人の印鑑証明書も、
貯金額が100万円以下の場合には、
必要ありません。

ただ、相続手続きに必要な戸籍の謄本類については、
貯金額が10万円以下なら必要ありませんが、
10万円を超えていれば必要になります。

つまり、貯金額が100万円~10万円の間なら、
少なくとも、亡くなった人と代表相続人の相続関係を、
証明できる範囲の戸籍の謄本類が必要ということです。

もし、相続手続きに必要な戸籍の謄本類でお困りの方は、
簡単な解決方法はこちら ⇒ 銀行の相続手続きに必要な戸籍で困っていませんか?

スポンサーリンク


このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

ゆうちょ銀行の相続の必要書類

ゆうちょ銀行の相続にかかる時間

ゆうちょ銀行の相続確認表とは

相続確認表と代表相続人

ゆうちょ銀行の代表相続人とは

ゆうちょ銀行の相続手続き

ゆうちょ銀行・JAバンクなど銀行の相続手続きに困っていませんか?

ゆうちょ銀行の現存照会とは

銀行の相続に必要な戸籍とは?

銀行の相続手続きに必要な戸籍で困っていませんか?

銀行の相続で少額なら?

遺産分割協議書は銀行で必要?

銀行預金の相続の順位

銀行の相続の必要書類

銀行の口座凍結とは

口座凍結の解除方法

JAバンク(農協)の相続手続き

スポンサーリンク