JAバンク(農協)の相続に必要な書類には、
かならず必要な書類と、
ケースによって必要になる書類があります。

まず、JAバンク(農協)の相続で、
かならず必要になる書類としては、
以下の4つの書類があります。

① JAバンクが用意している相続手続き用紙

② 相続手続きに必要な戸籍の謄本類

③ 相続人全員の印鑑証明書

④ 代表相続人の本人確認書類

①の『JAバンクが用意している相続手続き用紙』は、
JAバンクの窓口でもらえる書類です。

ただ、口座を持っている人が亡くなったことを、
亡くなった人の相続人から申し出る必要があり、
申し出た時点から、口座は凍結されます。

以後、JAバンクの相続に必要な書類を、
不備・不足なくそろえて、JAバンクに提出するまで、
口座凍結が解除されることはありません。

もし、引き落としにしている場合でも、
口座が凍結されていれば、
引き落とせないということになるので注意が必要です。

スポンサーリンク



次に、②の『相続手続きに必要な戸籍の謄本類』とは、
亡くなった人の出生から亡くなるまでの戸籍の謄本類と、
相続人全員の戸籍の謄本類が必要ということです。

特に、亡くなった人の出生から亡くなるまでの戸籍の謄本類とは、
戸籍謄本、除籍謄本、原戸籍などのことで、
一般の方にとっては馴染みのない書類となります。

戸籍謄本、除籍謄本、原戸籍は、
それぞれの戸籍の本籍地の役所でのみ、
取得できる書面です。

ちなみに、除籍謄本や原戸籍は、
亡くなった人の過去の戸籍のことで、
戸籍謄本は、最後の戸籍のことです。

そのため、亡くなった人が高齢であればある程、
除籍謄本や原戸籍も、
その分いくつも存在していることになります。

そして、JAバンク(農協)の相続では、
亡くなった人のすべての戸籍の謄本類が、
必要になるということです。

もし、亡くなった人の戸籍の謄本類の内、
1つでも足りない戸籍があれば、
手続きができなくなってしまいます。

そのため、相続手続きに必要な戸籍の謄本類を、
それぞれの戸籍の本籍地の役所から取得する作業は、
細心の注意が必要になるのです。

また、相続人の戸籍謄本についても、
全員分が必要になるため、
1人でも足りなければ、やはり、手続きができません。

次に、JAバンク(農協)の相続手続きでは、
3ヶ月以内に発行された『印鑑証明書』を、
相続人全員分必要としています。

もし、発行日より3ヶ月以上経過していれば、
印鑑証明書の再取得を求められますので、
注意が必要です。

次に、『代表相続人の本人確認書類』とは、
代表相続人の運転免許証や健康保険証など、
本人確認ができる書類のことです。

銀行の相続では、JAバンク(農協)に限らず、
普通は、相続人の内から1人、
代表相続人を決めることになっています。

そして、その代表相続人に対して、
亡くなった人の預貯金の全額を支払い、
代表相続人から他の相続人に配分する流れになっています。

そのため、JAバンク(農協)の窓口には、
相続人全員で行く必要はなく、
代表相続人が1人で行って、手続きを済ませることも可能です。

ただし、相続に必要なすべての戸籍の謄本類など、
相続手続きに必要な書類が、
すべてそろっていることが前提条件になります。

スポンサーリンク